BLAZEコラム第9回「自動車修理で損をしない保険の使い方」

車社会といわれる日本では、毎日のように全国で事故が発生しています。事故の内容によっては多額の賠償金が請求されることもあるため、自賠責保険だけでなく、任意保険に加入されている方も多いでしょう。

任意保険に加入していれば、バンパーのちょっとしたへこみやキズなどの自動車修理費用をカバーすることも可能です。しかし、保険を使うと損をする場合もあるため、保険を使うかどうかの判断は慎重に行う必要があります。


― 事故の内容によって等級と保険料は変わる ―

事故の内容によって等級と保険料は変わる

現在の自動車保険料は、ノンフリート等級別料率制度の考え方に基づいて決められています。1から20までの等級が設定されており、一般的に等級の数字が大きくなるほど高い割引率が適用されるため、保険料は安いです。逆に、数字が小さくなるほど保険料の負担は大きくなります。(保険料の額は、高級外車やスポーツカーなど、車種・グレードによって異なることもあります。)

例えば、車同士での衝突事故や自宅の門に車をぶつけたなどの単独事故は、3等級下がります。車両の盗難、自然災害による事故、飛び石の衝突などは、1等級下がります。

事故の内容によって割引率や割増率は異なるので、今一度保険内容を確認してみましょう。

※等級が下がる判断については保険会社によって異なります。詳しくは加入されている保険会社へお問い合わせください。


― まずは自動車修理を行う店舗へ相談を ―

保険を利用して等級を下げてしまうと、翌年から3年間は保険料が割高になってしまいます。損をせず保険を上手く活用するなら、自動車修理をしている店舗にご相談ください。自動車修理の見積もりを出してもらい、保険料の値上がり分を照らし合わせ、保険を使うか使わないか判断することをおすすめします。

群馬県にお住まいで判断に迷われている方は、高崎市にあるBLAZEにご相談ください。

自動車修理はもちろん、保険の取り扱いもしていますので、お客様にとってメリットのあるご提案が可能です。


高崎市にあるBLAZEでは、自動車修理をはじめ、板金カーAV・GTパーツの取り付け、新車・中古車の販売、買取、車検など様々なカーサービスをご提供しております。車の買い替えやメンテナンスをご検討されている方も、お気軽にご利用ください。

BLAZE Total Car Support & Modify in Takasaki Gunma │高崎で輸入車、中古車売買、コーディングならブレイズへ

お客様のご依頼に応えるため ”閃光” のように駆けつけたい。 「閃光」= BLAZE(ブレイズ)という会社名に込められた意味は燃えさかる炎や強い光の意味になります。 私達ブレイズは、車業界の常識を覆す、高次元でのスピード感と熱い情熱でお客様のご依頼をかなえます。 We rush to you as a flash