BLAZEコラム第4回「ローンが残っている事故車を売却する方法」

ローンが残っている車で事故を起こしてしまい、困っている方はいませんか?廃車しか選択肢がないのか、事故車買取業者に買取依頼できるのか気になるところでしょう。

こちらでは、そんな方のお役に立てるよう、ローンが残っている事故車を買取してもらう方法についてご紹介します。


― 車はローンが残っていると自由に売却することができない!? ―

車を売却する時は、所有者の変更を同時に行う必要があります。そのため、所有者が自分以外になっている場合は、自由に売却することはできません。ちなみに、所有者は車検証で確認することができます。

ローンを組んで車を購入している場合は、ディーラーや信販会社の名義になっているでしょう。この場合、車がローンの担保になっているため、ローンを支払い終えるまでは売却することができません。これを所有権留保と言います。

しかし、ローンが残っている状態でも、車が事故で破損してしまった場合などは、所有権留保の解除を行うことで売却することが可能になります。ただし、そのためにはローンを精算する必要があるということを覚えておきましょう。


― 残ったローンの精算方法とは ―

事故車は、一般的に査定価格が低くなってしまう傾向にあるため、ローンの残金が売却した値段よりも高くなってしまうケースがほとんどです。そうした場合、残ったローンを清算するには以下の方法があります。

・現金一括払い

その名の通り、ローンの残金を現金で一括精算します。この場合は、金利もかからず、ローンを終わらせることができます。しかし、ローン残高が高額な場合は、現金を用意するのが難しいこともあるでしょう。


・残ったローンを次のローンに組み込む

新たに購入する車のローンに、残ってしまったローンを組み入れて支払う方法です。

新しい車を手に入れることができ、残ったローンを分割して支払うことができるため、一度の負担は軽減されます。しかし、金利が増えてしまう可能性があるので注意が必要です。


・ローン残高分を借りる

事故車買取業者などの残債ローンや組み替えローンなどを利用し、ローン残高分を立て替えてもらう方法です。

残債分のローンを支払う必要はありますが、所有権留保の解除を行うことができるため、ローンが残っている事故車でも販売することが可能になります。


高崎市で事故車買取を行っているBLAZEでは、高い査定額をご提示できるよう努力しております。出張買取も行っておりますので、事故車買取のことならBLAZEにお任せください。

BLAZE Total Car Support & Modify in Takasaki Gunma │高崎で輸入車、中古車売買、コーディングならブレイズへ

お客様のご依頼に応えるため ”閃光” のように駆けつけたい。 「閃光」= BLAZE(ブレイズ)という会社名に込められた意味は燃えさかる炎や強い光の意味になります。 私達ブレイズは、車業界の常識を覆す、高次元でのスピード感と熱い情熱でお客様のご依頼をかなえます。 We rush to you as a flash