BLAZEコラム第3回「見落としがちな中古車購入にかかる諸費用」

中古車を購入する際、車両本体の価格だけに目がいきがちですが、その他にも様々な費用がかかります。車両本体が安い価格でも、諸費用を含めるとそれなりの価格になってしまうケースも少なくありません。

では一体、中古車購入にかかる諸費用にはどのようなものが含まれているのでしょうか。

― 法定費用 ―


・自動車税

自動車税は4月1日時点の所有者、または使用者に納税義務があり、排気量が大きくなればなるほど高額になります。年度の途中で中古車を購入した際は、翌月から年度末までの自動車税を納めます。


・自動車重量税

自動車重量税は車両の重量に対して課税されます。車検の際に支払う税金ですので、車検切れの中古車を購入する場合に必要になります。


・自動車取得税

自動車取得税は、登録時に発生する都道府県税で、年式によって価格が異なります。取得金額が50万円以下の場合は課税されません。


・自賠責保険料

自賠責保険は車の所有者が必ず入らなければいけない保険です。車検残のある中古車を購入する場合は、「自賠責保険未経過相当額」として販売店に支払うのが一般的です。


・消費税

中古車にも消費税はかかりますが、福祉車両は非課税になる場合があるため、購入する際は販売店に確認してみましょう。



― 手数料 ―


・登録費用

中古車の名義変更を販売店が代行する際の費用です。全てが手数料ではなく、印紙代なども含まれています。


・車庫証明費用

車庫証明費用は車の登録を行う際、車を保管する場所の証明申請を代行してもらう費用です。登録費用と同様に、印紙代なども含まれています。


・下取り費用

下取り車がある場合に発生する費用です。名義変更や廃車費用などが含まれています。状況によっては、費用が発生しないこともあります。


・リサイクル料金

廃車にする際に発生する費用で、中古車の場合は購入時もしくは車検時に支払うシステムになっています。



高崎市で中古車の購入をお考えの方はいませんか?

販売から買取まで行っているBLAZEをぜひご利用ください。軽自動車から普通車まで様々な車を販売しています。修理や車検も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

BLAZE Total Car Support & Modify in Takasaki Gunma │高崎で輸入車、中古車売買、コーディングならブレイズへ

お客様のご依頼に応えるため ”閃光” のように駆けつけたい。 「閃光」= BLAZE(ブレイズ)という会社名に込められた意味は燃えさかる炎や強い光の意味になります。 私達ブレイズは、車業界の常識を覆す、高次元でのスピード感と熱い情熱でお客様のご依頼をかなえます。 We rush to you as a flash