ベンツW203のいろいろ修理です。ばっちりです。

お世話になります
本日はベンツ W203のいろいろ修理の報告です
不具合内容は
①走行中ブレーキを踏んでいないのに車が勝手にブレーキを踏む
②アクセルを踏んでも加速しない
③運転席の窓が開かないです。
なんと言っても困るのが① ②です。これはあぶない!
というわけで早速、診断機をつないでヒントを探します
というわけで、盛りだくさんのエラーコードです
先ず①から解決していきたいと思います。
こちらはヨーレートセンサーのエラーが関連していると判断し診断機のデーター表示を見ていきます
ヨーレートセンサーとは簡単に言うと横Gがどのくらいかかっているかを見るセンサーです。
要するに車がスピンしないようにする安全装置の一種です。
厄介なことにこちらのお車は横Gを計るセンサーと旋回スピードを計るセンサーと二つついてます。
一つのセンサーのお値段は10万円を超えるので診断ミスは許されません。
ヨーレートセンサー異常と一括りになっていますが、どちらが異常かを正確に判断しなければいけません。
診断機のデーターを見ると車が走っていないのに旋回速度がすごいことになっていました。
(大事なところなのに仕事に夢中になりすぎて画像撮るのわすれた)
さらに念入りなテストをした結果、回転速度センサー異常と判断し交換したらばっちり治りました。
次②番
一括りでいうとATの滑りです。
ATそっくり交換というわけにもいかないのでじっくり診断しました。
先ずATのオイルパンよりオイル漏れが激しかったのでオイル量をチェックしました
やはり全然入ってなかったのでとりあえず補充!
結果症状の改善がありエラーコードもでないので、ATオイルパンのオイル漏れを修理しました
テスト走行を重ねて症状も改善したのでこちらも正解!
次③番
こちらは予想通りモーター不良でした
モーターまで電気が来ているのに動かず。。。
モーターをフリーにして電圧をかけても動かず。。。
といわけでモーター修理で改善しました。
そんなこんなで最低限の修理金額ですべて改善成功です。
以上簡単に書きましたが、弊社は不良個所を徹底的に追及し、
この辺全体怪しいから交換という安易な診断はせずに、最低限の修理で改善できる様、努力
しております。

BLAZE Total Car Support & Modify in Takasaki Gunma │高崎で輸入車、中古車売買、コーディングならブレイズへ

お客様のご依頼に応えるため ”閃光” のように駆けつけたい。 「閃光」= BLAZE(ブレイズ)という会社名に込められた意味は燃えさかる炎や強い光の意味になります。 私達ブレイズは、車業界の常識を覆す、高次元でのスピード感と熱い情熱でお客様のご依頼をかなえます。 We rush to you as a flash