フィアット パンダ クラッチ交換

お世話になります。
株式会社ブレイズの小暮です。
車屋さんです。
さて、今回はフィアットパンダのクラッチ交換です。
ちなみにお車はこちら↓
症状は
朝一にミッションが一速に入らないので困ってます。
このままだと、食パンをくわえて「遅刻、遅刻」と走って交差点を曲がったところで、  イケメンにぶつかってしまいます......。
と、お悩みでした。
それは一大事と思い早速トラブルシューティングにとりかかります。
先ずは、症状を確認するため一晩寝かせます
朝、早速確認してみると確かに1速入らず。
というか、ニュートラル以外どこにも入りません。
無理して入れるとシフトが折れそうです。
クラッチワイヤーの調整をトライしましたが、症状変わらずなので、クラッチ摩耗と   レリーズ不良
と判断し早速ミッションを降ろします。
判断は的中しレリーズベアリングはぼそぼそになっていました
ちなみにレリーズベアリングとはこの丸い部品が、クラッチカバーを押したり引いたりして、クラッチディスクの接地圧を調整します。                            
半クラッチができるのは、これのおかげです。
こちらは、クラッチディスクとクラッチカバー
右上がクラッチカバー 真ん中の丸いのがレリーズのセット 左がクラッチディスクです。
基本はクラッチの修理はこの3点セットを交換致します。
クラッチが摩耗してくると、今回のようにミッション入らないという症状にもなりますが、
アクセル踏んでも、回転だけ上がって前に進まないよーってなってしまいます。
最初は、5速などで上記の症状が出始め、4速→3速→2速→1速→何速に入れても前に進まない
と、症状が進行していきます。
ミッションが入らない、前に進まない等症状がございましたら、ご相談くださいませ。
ではマター

BLAZE Total Car Support & Modify in Takasaki Gunma │高崎で輸入車、中古車売買、コーディングならブレイズへ

お客様のご依頼に応えるため ”閃光” のように駆けつけたい。 「閃光」= BLAZE(ブレイズ)という会社名に込められた意味は燃えさかる炎や強い光の意味になります。 私達ブレイズは、車業界の常識を覆す、高次元でのスピード感と熱い情熱でお客様のご依頼をかなえます。 We rush to you as a flash