SL63 AMG メンテナンス編②

お世話になります。

株式会社BLAZE(ブレイズ)の小暮です。

いよいよ梅雨に入りますね。

雨は車の汚れが気になってしまいますね。

ピットメニューとして弊社では手洗い洗車を840円でご提供

しておりますので、是非ご利用くださいませ。これは安いですよ(笑)

弊社も毎日続々と輸入車の商品在庫が入庫していますが、いつもピカピカの

状態で展示しておりますので是非ご覧になって下さいね。



さて、前回に続きSL63 AMG のアクティブ ボディー コントロール

のオイル交換とフィルターの交換編です。

この作業はゴミやホコリにとても気を付けながらの作業になります。

そのホコリが後に大きなトラブルを招いてしまうので、慎重に作業いたします。

どのくらいの大きさのごみが混入すると壊れるのかは実験したときはありません。

なぜならこのABCポンプの修理は20最低万円以上のお値段がするので怖くてサンプルを

集められません(泣)


まずエンジンルームに向かって右側のインテークパイプを外します。

エクスパンションタンクを外します。

ステーと固定するゴムは再利用します


ステーも付け直します。


こんな感じで新品を元にもどします。

下側に針金っぽい物で固定されている丸い物がフィルターです。

今回はタンクとフィルター両方を新品にしました。


細心の注意を払いながらゴミが入らない様にさらに目の細かいフィルター付き漏斗で

オイルを入れていきます。

これで交換作業は終了になりますが、まだまだ重要な工程がございます。

ABCオイルのエア抜きとロデオ旋回によるオイル循環です。

ロデオ旋回でエア抜きとオイル循環が基本同時にできますが、

エアー混入によるトラブルを避けるため手動でも一度やっておきます。


次回はロデオ旋回とエア抜き作業です。

ではマター

BLAZE Total Car Support & Modify in Takasaki Gunma │高崎で輸入車、中古車売買、コーディングならブレイズへ

お客様のご依頼に応えるため ”閃光” のように駆けつけたい。 「閃光」= BLAZE(ブレイズ)という会社名に込められた意味は燃えさかる炎や強い光の意味になります。 私達ブレイズは、車業界の常識を覆す、高次元でのスピード感と熱い情熱でお客様のご依頼をかなえます。 We rush to you as a flash